797927555

ほづみ整体院の保積です。二子玉川駅近くの整体院で、整体を通してお客様の笑顔づくりのお手伝いをさせていただいています。

気温の上昇と共に「熱中症を伴った脱水症」による事故がニュースで取り上げられるようになります。脱水症には、いくつかの種類があるのはご存知でしょうか?実は、脱水症=水分の不足ではなく、脱水症=体液が失われた状態になります。

◆体液って何?

体液は、水分と電解質から成り立っているのをご存知の方も多いと思います。いわゆるスポーツドリンクと呼ばれている飲料水には、水だけではなくて電解質のナトリウムイオン、カルシウムイオン、カリウムイオンなどが含まれていますよね。
体液は、身体を維持するために様々な働きを行っていますので、体液が失われてしまうと様々トラブルが発生してしまうことになります。
水分の不足によって、血流の不足や低下がおこります。その結果、集中力が低下したり、食欲がなくなったりします。
電解質が不足すると、骨や筋肉から電解質がなくなってしまい、脚がつったり、しびれや脱力感が起こったりします。
もしかしたら、夏バテだと思っている食欲不振や脱力感の中には、体液不足が原因の場合もあるかも知れません。

◆脱水症に真水の大量補給はNG

脱水症には、体液の水分と電解質のどちらがより多く失われてしまったかによって、3つのケースに分けられます。

1.汗をかいてしまって電解質の方がより多く失われてしまったケース。
2.下痢や嘔吐などによって、水分と電解質ともに同じ割合で失ってしまったケース。
3.大量に汗をかいているのに電解質を含んでいない水やお茶などを大量に飲んでしまい電解質が薄くなってしまったケース。

いずれのケースの場合も、真水の大量補給はNGなのがおわかりいただけると思います。

◆筋肉量の低下にご用心

ところで、身体の中で最も多くの体液を含んでいる場所をご存知でしょうか?実は、筋肉なのです。意外に思われた方も多いかも知れません。筋肉にある体液の約9割が血液に、1割がリンパに戻って循環していると言われています。ですので、筋肉量を低下させないことはとても大切なことなのです。高齢者に脱水症が多く発生しやすいのは、筋肉量の低下による体液の低下も要因の一つと考えられています。

◆整体で体液なスムーズな流れをサポートしてみませんか?

マッサージでは筋肉の凝りをほぐすことはできますが、筋肉を正しい位置に戻すことは難しいと思われます。けれども、整体によって身体の歪みを改善し、筋肉が本来の位置に戻すことは可能です。正しい位置に戻れば筋肉の動きもスムーズになり、体液の流れの改善も期待できます。

二子玉川にありますほづみ整体院では、整体とカイロプラクティックを合わせた施術を行わせていただいております。二子玉川駅から徒歩3分の所にありますので、ショッピングついでや仕事帰りに、ぜひご来店ください。