683501999

ほづみ整体院の保積です。二子玉川駅近くの整体院で、整体後のフォローアップもお手伝いさせていただいています。

暑い日が続いてしまうと、ついつい冷たい食べ物や飲み物が欲しくなってしまいますよね。どうにかして涼をとりたいと思ってしまうのは当然の摂理とも言えますが…食べ物や飲み物を消化している内臓は不随意筋という筋肉でできていて、自律神経によってコントロールされていることをご存知の方も多いと思います。冷たい食べ物をとり過ぎると内臓に負担をかけて疲労させてしまうので、注意が必要です。

◆内臓が冷えるとどうなるの?

運動をする前に、いきなり走り始めたりする人は少ないですよね。ストレッチ運動をしたり筋肉を伸ばしたりしてウォーミングアップするのではないでしょうか?
内臓も筋肉でできていますので、それぞれの機能を十分に果たすためには、約37℃前後の状態が必要と言われています。
もし、内臓が冷えてしまったら、本来の機能を十分に果たすことができなくなってしまい、様々な不調が現れてきます。

◆こんな不調が現れたら内臓が冷えているかも?

それでは、内臓が冷えてくることによって起こる不調にはどんなものがあるのでしょうか?

・低体温(平熱が35℃台)
・痩せにくくなる
・下痢や便秘になりやすい
・アレルギー症状が出やすい
・肌荒れを起こしやすい
・風邪やインフルエンザに感染しやすい
・疲れやすいなど

いずれも、冷えによって血流・免疫力・基礎代謝・消化機能・肝機能などの低下が起こってしまったことによると考えられています。

◆上手に冷たい食べ物や飲み物をとることはできないの?

内臓を冷やすのが良くないことは、頭ではわかっていても、冷たい物の誘惑に負けてしまいそうになることはありますよね?二子玉川ではアイスクリームフェスタが5月にありましたが、真夏でなくてもアイスクリームを食べたくなってしまいました。
どうしても冷たい物をとりたくなったときには、口に含んで少しずつ召し上がってみてください。冷蔵庫で冷やした飲み物に氷を入れないで飲まれると良いでしょう。

◆整体で血流の改善を

内臓の冷えを緩和するために、整体をおすすめします。内臓が冷えたりするとその内臓の周りの筋肉が緊張してしまって、凝りや痛みが起こってしまうとも言われています。ひどい腹痛や胃痛に襲われてしまうと、身体が自然に曲がってしまうのは、内臓の周りの筋肉が収縮してしまうからとも言われています。マッサージは、表面の筋肉の緊張をもみほぐすのには向いていますが、骨の周りの筋肉をほぐすのには向いていません。整体は、関節や骨格を整えますので、骨の周りの筋肉の緊張を和らげることができますので、身体の芯を温めることが期待できます。

二子玉川駅から徒歩3分の所にありますほづみ整体院では、整体が初めての方にもご安心いただけるように丁寧なカウンセリングを心がけておりますので、お気軽にご相談ください。