890675555

体の不調を自覚し、どこのお店に行こうか色々探されたとき「沢山いろんなお店があり過ぎて何処のお店に行けば良いのかなかなか分からなかった」とお聞きする事があります。
なので大雑把ですが出来るだけ分かりやすく施術院の区別をご紹介したいと思います。
整形外科
利用症状:骨・関節・筋・腱・末梢神経などの症状。
例:骨折、リウマチ・椎間板ヘルニアなど。
施術:手術・お薬の処方・電気治療など。
お医者さん

接骨院・整骨院
利用症状:骨折・脱臼・捻挫・ムチウチ・急性期の痛み。
施術:各種症状の整復・テーピング・電気治療
保険が使えて安価で受けられる。
※保険を使って慢性肩こり・腰痛の施術を受ける事は出来ません。
国家資格者

あんま・指圧
利用症状:肩こり・腰痛・痺れなど
施術:手だけを使った施術(なでる・押す・揉む・叩くなど)で体をよくする。
※マッサージという呼称を使ってよいのはこの資格を持っている人だけ。
国家資格者

針・鍼灸
利用症状:肩こり・腰痛・痺れなど
施術:針、お灸を使って体をよくする。
※針・お灸を使った施術を行ってよいのはこの資格を持っている人だけ。
国家資格。
整体
利用症状:肩こり・腰痛・痺れ
施術:日本古来の療法・中国伝来の療法・アメリカ伝来の療法など
例えば:操体法・推拿・カイロプラクティック・オステオパシ―・気功など。
※色々な経緯を経て民間療法全般の事を整体と呼ばれています。
民間資格

カイロプラクティック
利用症状:肩こり・腰痛・痺れなど
施術:色々な流派がありますが基本的考え方は背骨を整えれば体が良くなるです。
民間資格

リラクゼーション・〇〇式マッサージなど
利用症状:ちょっと体が疲れたかな?癒されたい。
施術:全身の筋肉のほぐし、オイル・お香などでの癒し効果。
例えば:クイックマッサージ・ロミロミなど
民間資格

気功
利用症状:肩こり・腰痛・痺れ・各種難病系
施術:気の力を使った施術。
※日本では一般的に胡散臭いと思われる傾向がありますが、イギリス、中国では社会的に認められています。
近年は気功・レイキヒーリングなどはエネルギー療法として科学的に解き明かそうという研究があります。
あくまで自己責任ですが難病系の症状に効果があったと報告される事もあります。

 
整形外科はまた別枠として、各種国家資格持ちの施術院は最低限の知識・技術が担保されているので安心感・安定感があると思います。
では、民間資格が国家資格の下位互換であるかといわれると決してそんなことはないです。
例えば日本古来の療法は戦後GHQによって医療の統一化が計られときに当時のGHQに認められなかった・または認知されていなかったという理由で国家資格から外れてしまったという経緯があります。
日本古来から脈々と受け継がれてきた療法がGHQに認められなかったというだけで国家資格の療法より効果がないのか?決してそんなことはないと私は思います。
カイロプラクティックもそうです。
アメリカをはじめ世界各国ではカイロプラクティックが国家資格になっています。
ただ日本の場合は既得権の問題や各種カイロプラクティック団体の統一化が難航し頓挫してしまったという経緯があり民間資格という地位になっています。

後、お店選びの難しいところは同じ施術を行っていても行う施術者の技術・相性によって受けて(お客様)の効果が違ってくるという事実があります。
なのでどこの施術院が良いかお探しの方には本当に申し訳ないのですが、出来るだけ沢山の情報を集め(色々な施術院のHP等を読み込む、口コミや評判などを聞く)あっ!ここなんか良さそうだなと思うところに一度勇気をもって来院頂ければと思います。