80281766554

ほづみ整体院の保積です。二子玉川駅近くの整体院で、お客様の健康作りのサポートをさせて頂いています。

最近は、ドラッグ・ストアでも手軽に漢方薬を購入できるようになりましたね。とても便利になった反面、正しく摂取するための配慮に欠けている場合が見受けられます。漢方薬は本来その人の体質や体調に合わせて調合されるものです。そのため、例えば風邪をひいた場合、人によって漢方薬の種類が違って当たり前なのですが、現状はどうでしょうか?

◆体質に合わないものはNG

漢方薬について多少調べたことがある方ならご存知だと思いますが、人の体質を大きく分けると「虚証」と「実証」になります。
つまり、「虚証」の人向けの漢方薬と「実証」の人向けの漢方薬があるということになります。ですので、虚証の人が実証の人向けの漢方薬を飲んでしまったり、その逆に実証の人が虚証の人向けの漢方薬を飲んでしまったりすると、改善されないばかりか、いわゆる副作用のようなことが起こってしまうこともあります。
漢方薬は穏やかで副作用が少ないと思っている方も多くいらっしゃいますが、そんなことはありません。体質に合わないものを飲むというのは、例えば、火にかけた鍋が焦げ付いているのに、火力を強めてさらに鍋を焦げ付かせてしまうようなものです。

◆過不足のバランスを整えること

体質や不調の原因を調べることは、脈診・舌診・問診等を行うことができる専門知識と経験がある方でなければ難しいので、大まかなお話をすることしかできません。
漢方薬は、その人の過不足の状態を調べて、過不足のバランスを整えることで、体調不良を改善しようとするものです。
例えば、植物に目を向けて頂くと分かりやすいと思います。水が不足してしまうと枯れてしまいますが、水をやり過ぎても根腐れを起こしてしまいますよね。

◆必要な量や物が違うこと

それでは、体質が違うとはどういうことでしょうか?その人によって必要なものが違ったり、必要な量が違ったりするということです。
先ほどと同じように、植物を例に見てみましょう。砂漠に自生するサボテンと熱帯雨林に自生するポトスでは、必要な日光の強さや水分量が異なります。サボテンに毎日水やりをして日陰で育てる人はいませんよね。
人の場合は、もっと複雑ですのでこれほど単純ではありませんが、体質の違いについて理解して頂いたのではないでしょうか?
漢方薬を購入される時には、その人の体質に合ったものを選ぶことができる専門知識のある方がいる所で相談し購入されることをお勧めします。

◆整体を任せるお店選びも慎重に!

同様に整体を受ける際にも、慎重にお店を選ぶことが大切です。整体も、漢方薬のようにその人の身体の状態に合わせて行うものです。そうした状態を正しく読み取ることができない施術者でなければ良い結果を得ることはできません。
二子玉川にありますほづみ整体院では、おひとりお一人に合わせた施術を行わせて頂いております。二子玉川駅から徒歩3分ですので、会社帰りやお出かけついでにお立ち寄りください。