090956444

二子玉川にありますほづみ整体院の保積です。
時々、お客様に四十肩(肩関節周囲炎)と肩こりの違いついて聞かれることがありますので、今回はその違いについてお伝えしたいと思います。

◆肩こりとは

まずは、肩こりとはどういう状態のことを言うのか確認しておきましょう。
肩こりは、同じ姿勢や悪い姿勢をとり続けたことによって、筋肉が疲労し、血行不良が起こってしまい、その結果として筋肉中に老廃物がたまってしまっている状態のことを言います。

◆四十肩(肩関節周囲炎)とは

四十肩はその病名を「肩関節周囲炎」と言い、関節を作っている骨、軟骨、靭帯、腱などが老化していくことが原因と考えられています。その病名の通り肩関節の周囲に炎症が起こってしまっている状態のことを言います。
肩こりだと思っていても、四十肩の可能性もありますので、以下の状態が当てはまらないか確認してみることをお勧めします。

1.肩を動かしたときに痛みがある。
2.肩の可動域が狭くなっている。
3.夜に激しい痛みを感じ、眠れない。

肩の可動域が狭くなってしまうため、乗り物の吊革につかまることが出来なくなってしまったり、洗髪がしづらくなってしまったりと言ったような日常生活に支障が出てくることもあります。

◆整体は肩こりにも四十肩にも対応可能

整体は、肩こりの改善にも四十肩の改善にも対応することが出来ます。関節の周囲の炎症も筋肉の疲労も、骨格の歪みと関節の調整を行なうことで緩和することが出来ると考えられるからです。肩こりの場合は、筋肉により大きく負荷がかかってしまったために筋肉疲労が起こってしまっていますので、骨格の歪みや関節の調整を行なうことで負荷を分散し均一化させます。
四十肩の場合は、関節の周囲に大きな負荷がかかってしまっている訳ですので、骨格と関節を調整することで筋肉を正しい位置に戻すことで関節の周囲への負荷を軽減します。
マッサージは、表面的な筋肉の緊張をほぐしたり、リンパの流れを改善するのには有効ですが、負荷を分散させたり均一化させたりすることは出来ませんので、あくまでも補助的な方法と捉えておいた方が良いかも知れません。
整体は、骨格の歪みや関節の調整を行なうことで、身体全体のバランスを整えることが可能ですので、施術後数日で元に戻ってしまうということを繰り返すことなく改善に向かうことが出来ます。ここ二子玉川まで通って下さっている多くのお客様から、施術後だけでなく次回のご来店時まで元に戻らなかったという嬉しいお声を頂戴しております。

ほづみ整体院は、二子玉川の駅前にございますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。