36928511

こんにちは!

東京世田谷区二子玉川駅近くにあります、 ほづみ整体院の保積です。
昔から様々なテロはありましたが昨今は特に政治・宗教・貧困の話と共にテロの話も聞くようになってきました。
アメリカの外交戦略が変わったとされる「3.11」。日本でも世界で初とされる毒ガスでのテロ「地下鉄サロン事件」。
近年だとISIL関連の象徴的なテロ「パリ同時多発テロ事件」。
本当に恐ろしいです。
ただ基本平和な日本に住んでいるとついつい対岸の火事のように思ってしまうのですが実は今年日本でテロが起こる可能性が高いのです!
それは5月にある伊勢志摩サミット。
テロは自分たちの主張や存在アピール・利益の為に起すのですが、その為に効率よく世界に発信できる舞台は正に世界会議。
特にISILが嫌いな国々(アメリカ・フランス等々)の首脳達が一堂に会すとなれば!なのです。
また、危険な場所は空港や伊勢志摩周辺だけとは限らず、むしろそれ以外の日本の有名都市(東京や京都など)も可能性が高く、更にその中でも警備やチェックがしにくいバス・電車・映画館などで起される可能性が高いと言われております。
そうなると警察だけの警備で守りきるのは不可能で自分の身は自分で守る準備が必要になってきます。
専門家がいうには。
・日本で使われるテロの凶器は刃物(包丁・ナイフ)が多いので身を守りやすい大きく分厚く固い鞄などを持ち歩く。
・テロ現場に居合わせてしまったら身を伏せながら現場を出来るだけ遠くに離れる。
・凶器(銃やナイフ)が見当たらないのに人が倒れ出したら毒ガスの可能性があるので呼吸を止めて現場を離れる。以上が最低限テロから身を守る処世術らしいです。

日本も自然災害(地震・火山噴火など)のリスクに加えテロの危険性が高くなってきました。
本当に嫌な事ですが目を背けずもしもの為に準備をしておかないといけないですね。

ご精読ありがとうございました。