ƒvƒŠƒ“ƒg

こんにちは!
東京世田谷区二子玉川駅近くにあります、 ほづみ整体院の保積です。

今日は先日ご相談頂いた、
乗り物酔いについて書きます。

皆さん、乗り物酔いってしますか?
乗り物酔いとは、
バスや自動車、飛行機、船など乗り
物に乗っている時に、気分が悪くなる症状のことで、
顔から血の気がひき、吐き気や冷や汗が出て、
ひどくなると嘔吐など、とてもつらい症状ですよね。

乗り物酔いが怖くて遠出できないなんて方もいらっしゃいます。
せっかくの楽しい予定も不安でいっぱいなんて。

是非そんな方は当院へお越しください。

乗り物酔いの原因は
乗り物の振動や加速、体の傾斜をとらえる内耳の三半規管で
頭の位置と目から入る情報にズレが生じ、
頭が混乱して乗り物酔いが起こりますメカニズムです。

乗り物酔いしやすい方の特長の一つとして
胃が凝り固まっている方が多いです。

胃が凝り固まって蠕動運動しなくなると、
胃の中の胃液や食べ物が、乗り物の揺れと共に揺れて、
気分が悪くなったり、吐きそうになったり、吐いてしまうという説もあります。

ですので、
まず背中の筋肉をほぐし、その後で胃を調整することが効果的です。

胃の凝りをほぐし、蠕動運動が出来るように調整すれば、
症状が軽減されやすくなります。

筋肉のコリが乗り物酔いにまで影響あるとは
びっくりですよね(汗)

もちろん、
睡眠不足や過労、ストレスとも関係ありますし、
乗り物に乗る前の食べ過ぎは委が疲れて凝り固まってしまうので避けてくださいね。

これから紅葉の季節。
是非楽しい思い出作りのお手伝いを
当院も出来ればと思います。

ご来院お待ちしております。

ご精読ありがとうございました。