こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。
当院でもよくするバキバキッ!(矯正)について。
よく「整体の手技でバキバキッと鳴るやつ、あれは骨が鳴っているんですか?」と心配そうに聞かれることがあります。
確かに鳴っている原因が分からないと骨が折れた気がして怖いですよね。事実、そのイメージで矯正を嫌がる方も結構いらっしゃいます。
簡単に説明しますと、まず骨と骨の繋ぎ目(一般的に軟骨と言われます)は膜で覆われており、その膜の中に水分が入っています。
例えば指を引っ張ったりすると、指関節の中にある水分は内圧が急激に下がり、水分が一部気化します。
すると気化した泡同士がぶつかり合い音を発生させます。専門的な言葉では『キャビテーション現象』と言います。
ですので、あのバキバキッという音は骨のぶつかり合う音ではなく泡同士のぶつかり合う音だったのですΣ(・ω・ノ)ノ
整体的・カイロプラクティック的には、このバキバキッ(矯正)をしてあげると神経の通りが良くなって筋肉がゆるんだり・自律神経が整ったり・関節の動きが良くなったり・痛みがなくなったりします。
しかし、 自分で毎日沢山バキバキッとしてしまうといつも決まった所が鳴って逆に体のバランスを悪くさせてしまったり、靭帯を痛めてしまうことがあるので控えて下さい。