こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。
開業5年目にして未だに地元の神社にお参りに行っていない事に気づき、今日当院の近くにある『瀬田玉川神社』お参りにいってきました。
その土地に引っ越し・商売・お世話になる事などがあれば、その土地の神様に挨拶・お伺いを立てるのは当然のことですよね。
5年も忘れていたとは・・・少し反省です。

二子玉川駅から北東方面に、高島屋の裏の二子玉川商店街を抜け少し急な坂道を上って約15分くらいで瀬田玉川神社の境内に到着。
神社へ行く途中の石階段が結構な急勾配なので、もし躓いて転んでもしたら大怪我になりそうでちょっと怖かったです。

どこの神社もそうですが境内に入るとどことなく厳かで清らかな空気が流れており、そこにいるだけで心が洗われるような気がして良いですね。

二拝二拍手お賽銭を入れ合掌。
この土地の神様に挨拶と商売のお許しをお願いしました。

私の後にも若い女性の二人組のお参りをされていたのですが、どうやらここの神社は主に出会いの運気があがる神社みたいですね。

最後に、神社のパンフレットに有り難い言葉が載っていたので載せておきます。
命の言葉:平成26年5月
『やって見せ説いて聞かせてやらせてみ 讃めてやらねばひとは動かぬ』 山本五十六

解説:上杉鷹山の「してみせ 言って聞かせてさせてみよ」をもとにしたと言われる。
「ほめる」とはおだてるということではなく、共に喜ぶということ。
仕事を教えるには、ほめてあげることが秘訣だと説いた。