こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。
ダイエットは基礎代謝を上げてエネルギーを消費しやすい体を作る事が一番効率的で健康的です。
①筋肉を増やし、体脂肪を燃焼させる。
体の中でエネルギーを消費する活動は主に筋肉組織を中心に行われます。
なので、脂肪が少なく筋肉質な人の方が基礎代謝は高くなります。
運動をせずに食事の量だけでは、筋肉量が減って基礎代謝が低くなるので「運動」と「食事」
の両方から考えることが必要です。
②たんぱく質で筋力アップ
筋力を鍛えて基礎代謝をアップさせる事はよい事ですが、その時に食事の栄養バランスが良くないと
筋肉をうまく作る事が出来ません。
筋肉と関係の深い栄養素にたんぱく質がありますが、たんぱく質を構成するアミノ酸のうちには更に肥満の
解消に役立つものがあります。
[筋力アップによいアミノ酸] 〇バリン、ロイシン、イソロイシンは筋肉の主成分です。
□多く含まれている食べ物は大豆、そら豆、いんげん豆、黄粉、アーモンド、くるみ、かつお、まぐろ、さば、ぶり、たらこ、車エビ、牛肉、豚肉、鶏肉、卵黄など。
[脂肪燃焼によいアミノ酸] 〇リジン、プロリン、アラニン、アルギニンは脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させるため、体脂肪が燃焼されやすくなります。
□落花生、あずき、大豆、ごま、カシューナッツ、あじ、うるめいわし、しらす、かじき、ほっけ、いか、ほしのりなど。
[更に一緒にとって働きをアップ] 〇ビタミンB群は脂肪燃焼アミノ酸のはたらきをバックアップするので、普段の食事で一緒にとると良いです。
□豚肉、うなぎ、さば、ぶり、納豆、枝豆、ピーナッツ、卵、牛乳など。