こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。
睡眠には質があります。
よくレム睡眠(脳は起きていて、体が眠っている)、ノンレム睡眠(脳も体も深く眠っている状態)という言葉は聞いたことあるのではないでしょうか?
簡単に言うと睡眠には浅い睡眠と深い睡眠の2種類あるという事です。
深い睡眠は良い睡眠で、浅い睡眠は悪い睡眠です。
昼間に眠く感じるのは夜の睡眠が質の悪い睡眠だからで、どんなに長く寝ていても夜の睡眠だけでは不足しているという事なのです。
そういう時は、とにかく沢山寝てあげないとダメです。
眠りの質が悪いので量でカバーするしかないのです。
8時間睡眠でダメなら10時間、12時間・・・お休みの日も昼寝をしてあげると良く、夜眠れない心配があるかもしれませんが出来るだけ睡眠時間を増やしてあげることが大切です。
そうすると、体の睡眠バランスが修正されてきて、徐々に質の良い睡眠がとれるようになり、ある程度睡眠時間を減らしていっても大丈夫になってきます。
睡眠が足りている目安としては昼間に眠くならなければ大丈夫です。
睡眠不足は眠い・集中力が続かない・体にも良くない事と割っている事なのですが、とかく現代人は睡眠不足になりがちです。
毎日元気に楽しく過ごせるよう睡眠には気をつけましょう!