こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。
睡眠の障害には3種類あります。
①なかなか眠りにつけない(入眠困難)
②眠る事は出来るが途中で起きてしまう(途中覚醒)
③朝早く用もないのに起きてしまう(早朝覚醒)

睡眠障害は、自律神経の興奮状態が鎮まらないまま寝てしまうのが原因です。
なので寝る前の準備が大変重要になります。
その寝る前の準備とは、寝る前に出来るだけ自律神経の興奮を鎮める事です。
例えば
・寝る2時間前からテレビやパソコンを行わないようにする。
・照明も出来るだけ間接照明にして、目に強い刺激の光を入れないようにする。
・音楽聞いたり、楽しい事を行い出来るだけ嫌な事や仕事の事は考えないようにする。
※楽しい事でもホラー・格闘技もの・スポーツ観戦などは興奮が鎮まらなくなるので控えて下さい。

こういった事を行い神経の興奮を鎮めてくると徐々に質の良い睡眠がとれるようになります。
ただ既に睡眠障害がある方はなかなか上手く眠れない事があります。
そう言う方は少し時間が掛かりますが焦らずに続けて下さい。
よく夢で「追いかけられる夢」や「上手くいかない夢」を見てしまう方はまだ脳に興奮状態が残っている証拠です。
金縛りも体が寝ていて、脳が興奮している状態ですので、よく眠る準備をして下さい。