こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。

〇踵は安定しているか
靴は足の動きを守り、正常な歩行の為に役立たなくてはなりません。
靴選びのポイントとして考えると、踵のしっかりした靴は、歩行するときに必要な体重移動をスムーズにし、体の負担を軽減してくれます。
そこで、靴のヒール部分は固くてやや長めのものを選んでおきます。
さらに、ただ固いだけでなく、着地の時に踵に負担がかからないよう、力を吸収してくれる柔軟さが、足裏の踵部分に素材として使われているかどうかも見極めが必要です。

〇靴先はどこまで曲がるか
人間が歩くときの足運びは、踵から着地して、足の裏全体に体重がかかった後、親指をはじめとする足先に力を入れてけり出します。
なので、靴もそれに合わせて曲がらないと、足に負担が掛かります。
足にとってよい靴の曲がり箇所は、足がけり出すときに曲がる部分と同じ場所である必要がありますから、購入したい靴を手に取り、足先を曲げて確認します。
この曲がる部分が、真ん中に来ているようだと、履いているうちに足に負担がかかり、靭帯を痛める事にもなります。
履いてみて靴が自分の足の動きに沿って曲がるかどうかを、十分確かめてから購入しましょう。

〇つま先が上を向いている。
購入したい靴があったら平らなところに靴を置いてみて下さい。
つま先部分が大体1.5センチ程上を向いていれば合格です。
このような靴は、歩行の際に足のけり出しがスムーズな為、楽に歩く事が出来ます。

〇土踏まずにフィットしているか
足の裏に沿った靴は、足の裏が偏平足気味の人にとって、適しているものばかりではなく、普通の人にとっても歩行の時にかかる衝撃を
和らげ、足を疲れさせません。
しかし、市販の靴の多くは、この部分が雑に作られており、足の裏のカーブに沿ってはいません。
靴を選ぶ際、店内を何度かあるいて見て、土踏まずのカーブと靴が馴染むかどうか、確かめる必要があります。

以上

最後までご精読有り難うございました。

ほづみ整体院 保積