こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。多くの方が、「年齢が年齢だから、お肉が付いてくるのは仕方がない」と考えています。
たしかに中年になると贅肉が付きやすいというのは事実です。
しかしだからと言って付けたままにしておくと、さまざまな面で弊害が出てきます。
中年になると基礎代謝が落ちてきますから、その分だけ太りやすくなってしまいます。
基礎代謝というのは、心臓の鼓動をもたらして呼吸をし、体温を調節するなど、わたしたちが生きていくために行なっている基本的な活動のために要するエネルギーのことです。
この代謝が落ちると、その分だけエネルギーを消費しなくなるため、摂取する食物のカロリーに対して消費する分が少ないことで太ってしまいます。
それと共に、不規則な食生活や以前に比べると運動をする時間を取っていないなど、生活スタイルに関係する要因によって太りやすくなってしまうこともあります。
中年になれば仕方がないとあきらめてしまうのではなく、ふさわしい対策を採ることによって内臓脂肪を含めて溜めこまないように注意してください。
その点で助けになるのはウォーキングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動です。
意識的に1週間の予定の中に組み入れて、健康な体で毎日の仕事をこなすことができるように整えておくことは、社会人としての務めであると言えます。

以上

最後までご精読有り難うございました。

ほづみ整体院 保積