こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。

年齢と共に経験するかもしれない症状として五十肩があります。
五十肩と呼ぶことに抵抗がある場合は四十肩と表現されることもありますが、基本的にはどちらも同じで「肩関節周囲炎」のことです。
古くは江戸時代の文献にも登場するくらい、時代を問わず多くの方にとって悩みの種となってきた症状も、セルフマッサージや時間の経過によって治癒に向かって行くことを期待して、特に専門的な分野での援助を受けないケースも多いようです。
肩関節周囲炎は、自分でマッサージしながら1カ月以上経過すると次第に痛みが軽減されていきますので、「良くなった」と考えてしまうのですが、その一方で肩関節の可動域が狭くなっていることに気付くべきです。
肩周辺が動かしにくくなってしまうと、痛みのない程度の領域で稼働させることに慣れてしまいますので、やがてその可動域のまま固定されてしまいます。
正常な肩関節の可動域を保つためにも、ひとりでマッサージなどをして対処するのではなく、専門家による診断をしてもらう方が安心です。
炎症が起きているときにはマッサージすることがかえって痛みを増進することもありますし、ふさわしいタイミングでふさわしい方法によって改善することを目指すなら、一度整体院までご相談ください。

以上

最後までご精読有り難うございました。

ほづみ整体院 保積

「二子玉川整体・マッサージなら早く良くなると評判のほづみ整体院へ/世田谷区整体ならお任せください」