こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。

加齢に伴う宿命の症状として膝の痛みを挙げる方が多いです。

その一方で、年齢を重ねても何の問題もなく山登りやウォーキングを続けている方たちもおられます。
膝の痛みは、厳密に言うと膝関節の痛みです。
膝の関節には自分の体重の大きな負荷がかかるわけですが、通常は軟骨や靭帯、筋肉によって支えられているので、毎日大きな負荷がかかっても十分耐えることができます。
加齢が原因となることもあるとは言え、軟骨がすり減ってしまうような原因、靭帯の損傷、筋肉の衰えなどによって膝関節の痛みを経験するため、若年でも膝の痛みを感じることは十分に考えられます。
膝の不調は若い頃からの生活習慣によってかなりの程度まで防ぐことができます。
簡単なレベルでは、正しい歩き方を心がけるだけでも大きな違いをもたらします。
広い歩幅で膝を伸ばした歩き方を心がけるとかなり違います。
さらに筋力の低下が悪循環への入り口となる場合が多いので、日頃の生活の中で脚や腰周辺の筋肉をあまり使わないようであれば、意識して筋力アップに励む必要があります。
構造上の問題、つまりO脚などが顕著に表れている場合には、早めに接骨院などに相談して適切な指導を受けてください。
どんな部分でも、痛みを感じる前の段階で未然に防ぐことができれば大きな助けになります。

以上

最後までご精読有り難うございました。

ほづみ整体院 保積

「二子玉川整体・マッサージなら早く良くなると評判のほづみ整体院へ/世田谷区整体ならお任せください」