こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。

脚がどうにもだるい、なんだか重くてつらくてたまらない。そんな症状になやまされる患者さんもいらっしゃいます。
脚のだるさはや重さは、体の中心から離れているためか、あまり深刻には考えない方も多いようです。脚は体の常に下のほうへ位置しますので、自ずと血液も重力に従って降りてこようとします。それゆえ脚は心臓へ休みなく血液を送りかえさねばなりません。
これが脚は第2の心臓と呼ばれるゆえんで、とりわけふくらはぎは最も下にありますので重要な役割を担っているのです。

ふくらはぎが悲鳴を上げているということは、すなわち血流が滞っていますよというサインにほかなりません。第2の心臓が訴えかけてくるのですからこれは実は由々しき事態です。放置すれば、体のあちらこちらに不調が起きてくるのは当然ですね。
脚の血管は心臓から血が送り込まれる動脈が内側奥深くに位置しています。動脈で流れが滞ってしまうと静脈へスムーズに血液が流れなくなってしまいます。
静脈から心臓へどのように送り返すかというと、筋肉が収縮することによってポンプのように血液が送り返されています。
動脈が滞っていると静脈が頑張ってなんとか心臓へ血を送り返そうとするわけで、静脈の負担が重なるとだるさや痛みの原因となってきます。
そのため表面的なマッサージでは部分的な効果しかなく、しっかり奥のほうまでマッサージを届かせなければならないのです。

以上

最後までご精読有り難うございました。

ほづみ整体院 保積

「二子玉川整体・マッサージなら早く良くなると評判のほづみ整体院へ/世田谷区整体ならお任せください」