秋2
こんにちは!
東京世田谷区二子玉川駅近くにあります、ほづみ整体院の保積です。

すっかり風も涼しくなってきて、汗をかくことも徐々に少なくなってきましたね。

今日は、そんな話が出来ればと思います。
と言うのは、秋は腎臓と泌尿器が活躍する季節なのです。
カラダの水分調整の季節というのかな。

夏の間は皮膚呼吸が盛んで、たくさん汗として発汗していますよね。

ところが秋になると朝夕の冷え込みなどにより
皮膚が引き締まって、汗をかかなくなり始めます。

その分、活躍してくるのが腎臓、泌尿器なのです。
カラダの水分調整は汗ではなくて、
泌尿器による「尿」で排泄するほうへ比重が高くなっていきます。
尿は主に腎臓で尿酸として作られますよね。
腎臓では、なんと一日にペットボトル250本にもおよぶ血液をろ過することにより、
血液、体液を一定の状態に保ち、尿をつくっています。
とても頑張り屋さん!

でもそうなると、どうしても異常が出てしまったりします。
「頻尿(おしっこに頻繁に行く)」
「小便のつまり」
そして、腎臓異常からくる
「からだのむくみ」
それがひどくなると「尿毒症」です。

これらはみな気候の変化にからだが追いつかないために腎臓、泌尿器が悲鳴をあげて起こるのです。

そんな時の対処法です。
それは足の裏。腎臓の急処です。

特に足裏がほってて眠れない、という時は腎臓がくたびれているというサイン。

うつぶせになって足の裏を交互に、じわーっと踏んでもらうといいでしょう。
踏まれて気持ちいいのがポイントですよ。
(5分もやれば十分効果的です)

是非是非おためしくださいね。
それではまた!
ご精読ありがとうございました。