af9900094244x

こんにちは!

東京世田谷区二子玉川駅近くにあります、

ほづみ整体院の保積です。

 

突然ですが、三連休明けって、頭がぼーっとして、

普段やらないミスとかしちゃったり、、なんてないですか?

 

今日はそんなお話が書ければと思います。

 

頭がぼーっとして、判断力や集中力が落ちてくるのは、脳が疲れているからのようですよ。

 

つい眠くなったり、あくびをしたり、

ちょっとした段差でつまずいたり、階段を踏み外したり、

普段やらないようなケアレスミス、そして骨折などの大怪我なんてことまで。

 

ではでは、脳が疲れるとはどういうことなのか書いていきます。

 

脳が疲れるというのを具体的にいうと

脳は糖分と酸素を使って活動しています。

 

ですから、頭が疲れると

「アクビをする」

「甘い物が欲しくなる」

という現象が起こってきます。

 

脳が活動する為に酸素を使う時には、同時に大量の活性酸素を発生させています。

 

その影響で糖分の供給がうまくいかなくなり、それが継続すると脳が疲れてくるのです。

 

文部科学省の「疲労及び疲労感の分子・神経のメカニズム」

という研究結果によると、

この活性酸素の影響を防ぐ為に、ビタミンCを摂取する事が有効

と書いてあります。

 

酸化力のある活性酸素から細胞を守る為の抗酸化物質が

ビタミンCには大量に含まれているそうです。

 

活性酸素から細胞を守る為には、

レモン50~100個分のビタミンCが必要とされるそうなので、

仕事で疲れている人やアンチエイジングを目指している人は

カムカム、アセロラなどたくさんのビタミンCを摂取すると良いと思います。

 

また、整体やカイロプラクティックの見解での

頭がぼーっとする状態とは

「脳への酸素血流量の低下」ということになります。

 

この状態が起こるのは

睡眠 食事 運動

の3点のバランスが悪くなると起こります。

 

この「良い睡眠」「良い食事」「良い運動」については、

また改めて書きますね。

 

脳疲労の治療は、整体・カイロプラクティックが

とても有効なので、一度ご相談も兼ねて、

是非来院してみてくださいね。

 

それでは今日もご精読ありがとうございました。