3d rendered medical illustration - painful elbow

テニス肘という症状をご存知でしょうか?

テニスに限らず、ラケットを使用するスポーツをする人(特に中高年)に見られる、上腕骨外側上顆炎or上腕骨内側上顆炎のことを指します。

この2つは、バックハンドかフォアハンドかで起こるものとして分けられています。

腕や手の力に頼ってラケットを振ることによって、関節や筋肉に大きな負担がかかり、次第に炎症が発生し、痛みが消えなくなります。

少し前ですと、上記のようなメカニズムで、テニスに近い各種スポーツによって起こっていた疾患でしたが、もともとは手首にかかる様々な負荷によってかかるもののため、今ではビジネスパーソンの普段のPC操作の蓄積でもなりうる疾患となりました。

3d rendered medical illustration - painful elbow

PCやマウス・スマホをしばらくの時間使わないことが一番無難な選択肢なのですが、そういうわけにもいきません。

整体院でのテニス肘へのアプローチとしては、直接的な原因となる筋肉の過剰負荷によるコリやトリガーポイントをしっかり和らげていくことと、過剰負荷の原因となる体全体の歪みなどをリサーチしていきます。というのも肘に問題のある時は体全体に歪みがあることが多いからです。

ここで役立つのがカイロの技です。

肘の関節は肩から腕の筋に影響を与え、肩から腕の筋は頭の傾きが影響を与え、頭の傾きは全身(背骨)に影響を与えます。

急がばまわれ、ではありませんが、患部から逆算して、根本を改善することが必要になるのです。