残暑

こんにちは、
東京世田谷区、ほづみ整体院の院長、保積です。
お盆休み明け、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
頭と身体がアンバランスな状態で、
強固な意志でお仕事に向かわれておられると思います。

『暑さ寒さは彼岸まで』と言われていますが、
台風の影響でしょうか、更に湿度は上昇しまだまだ蒸し暑く、
なかなかスッキリしない日が続きますね。
ぜひぜひご自愛下さいませ!
ということで今年の長い長い夏にちなみ(笑)、
夏バテについてお話しできればと思います。

夏バテとは、暑気中り(しょきあたり)、暑さ負け、夏負けなどともいわれ、
夏の暑さや多湿が続くことに影響を受けて起こるカラダの変調を指していいます。

症状もとてもさまざまですが、
主に食欲不振、だるい、寝付けない、やる気が出ないなどなど。
その原因は、自律神経のアンバランスによる胃腸機能の低下や、
食生活の乱れからの栄養不足、
盛夏のうちの熱中症経験からくるカラダの回復不足、
そして残暑の脱水傾向(かくれ脱水)などが考えられます。

そのまま放置し、悪化した場合は
慢性疲労につながることがあります。
夏バテ気味だと感じたときは、下記のような夏バテへの対策を試してみてくださいね。

●十分な睡眠時間の確保
●冷房の設定温度設定は27~28度、暑い時には湿度を下げて、冷え過ぎを防ぐ
●汗をかいたらスポーツドリンクやはちみつレモンなどでこまめな水分、ミネラルなどの補給を
●野菜やフルーツなどのビタミンB・Cを含む食材を摂る
●38~40度のぬるめのお湯にゆっくり浸かってリラックス。自律神経の働きを整える

そして、どうしてもだるさを感じるときは、
是非当院へ来院ください。

カラダをほぐしながら血行を良くし、
すっきりした気持ちでお帰り頂けますよ!
お待ちしております。

 

ではご精読ありがとうございました。