こんにちは!世田谷区二子玉川の肩こり・腰痛専門のほづみ整体院の保積です。
胸郭出口症候群とは頭・首から鎖骨・腕・手へ繋がる神経(腕神経叢)とその周辺の血管(鎖骨下動・静脈)が骨(頚肋・鎖骨・第一肋骨)と筋肉(前斜角筋・中斜角筋・小胸筋)によって圧迫・牽引されて首肩のこり・手指腕の痺れ・脱力感・痛みなどを起す症状名です。

女性では20代~30代に多く、なで肩で頚部周辺の筋肉の発育が悪い方に多く見受けられます。
男性では中高年で、いかり肩・筋肉質・首の短い方に多く見受けられます。

大まかな症状の見極めとして辛い側の腕を下に引っ張ると症状が増悪します。
しかし、頚椎症・頚肩腕症候群などとも症状が似ているため、判断は医師による視診・問診・レントゲン検査などで診断してもらう事を推奨します。

日常生活での注意事項は腕を下げて行う作業や姿勢不良で行う作業を出来るだけ避けて頂き、重たいものをもったり、肩に掛けたり(バックなど)腕を上げたりしないようにして下さい。
対処・改善には、普段から首肩腕周りを冷やさないようにし、ストレッチなどをして筋肉を緊張させないようにする事。
後、姿勢の改善・筋力強化も有効です。

整体では緊張し痛みの原因となっている筋肉の緩和・姿勢の矯正・日常生活でのストレッチ、筋力強化のアドバイスなどでお役に立てるのではないかと思います。