こんにちは!

東京世田谷区二子玉川駅近くにあります、

ほづみ整体院の保積です。

 

秋らしさ満点になってきましたね。

今年は猛暑だったこともあり、紅葉時期が遅れているとニュースで見ましたが、

今週のこの冷え込みを感じていると

一気に秋モードを取り返してるのではないかと思ってしまいますね。

 

このブログで秋ネタをいくつか書いてきましたが

今年の秋ネタは最後になるかもです(笑)

 

という冗談はさておき本題ですね。

 

みなさん、毎日の疲れをしっかりとっていますか?

 

仕事、家事……

日中しっかり活動するには、毎日の疲れを取ることも同じく重要です。

 

疲れを取るということは、具体的に言うと、頭や体を休めるということ。

 

頭や体を休めることというのは、

私たちは交感神経から副交感神経へ切り替えることで、

それによってバランスを保っています。

 

しかし副交感神経への切替えがうまくできないと、

休みを取れず、疲れが抜けていないと感じる原因になります。

 

ではきちんと副交感神経への切り替えができていますか?

そんなことを聞かれても、わかりませんよね。

以前もこのブログにてお書きしたことがかかわっているのです。

 

副交感神経への切り替えは、家の「照明環境」があります。

 

現代の照明環境は、明るすぎる傾向にあり、

蛍光灯で明るいオフィスや施設から帰宅した後も、

就寝するまで明るい照明にさらされていると、

交感神経が活発のままになり、体や頭が休まりません。

 

せっかくの秋の夜長は、

好きな本を読みながらリラックスするのも良いですよね。

 

ただ、照明にも気を遣い、体の神経まで落ちつかせ、

ゆっくりと良い睡眠につなげましょう。

 

それではご精読ありがとうございました。